Article

6/25(木)救命講習会

6月25日(木)に京都市消防局山科消防署から消防士の方が来て下り、救命講習会が開かれました。

 


テキストを用いて応急手当の重要性や、普段の生活の中でどのような時に心肺停止に陥るかの具体例、気道異物除去(窒息時の対応)、止血方法などを教えていただきました。



実技では、心肺蘇生法の流れやAEDの使い方を教えていただき、実際に職員一人ひとりが人形を用いて胸骨圧迫やAEDの使用を行いました。

事故現場に遭遇した場合は、自らが積極的に応急手当を行えるよう備えておきたいと、改めてこの講習会を受けて強く感じました。