カテゴリ: クラスの風景

玉ねぎの皮をむきました♪ ~もも組~

もも組が給食で使う玉ねぎの皮をむきをしました。 玉ねぎを見ただけで目が痛くなるお友達や、おなかがすくお友達などたくさんの反応をしてくれました。 玉ねぎをむき始めると「簡単♪簡単♪」と最初は順調にむき始めるも、 途中から「先生、ここむけへん」と玉ねぎの先の方で苦戦しながらもきれいにむいてくれました。      

トマトの苗(凜々子)を植えたよ♪ ~もも、ゆり組~

先日もも、ゆり組のみんなと凜々子というトマトの苗を植えました。 凜々子とはカゴメの加工用のトマトのことで普通のトマトよりリコピンが2~3倍あるといわれています。 子どもたちは水はけを良くするための小石を探したり、土を入れたり、真剣に取り組みました。             最後に先生に水をやってもらい、「大きくなあれ!」「おいしくなあれ!」のおまじないをしました。 8月の収穫が楽しみです♪  

バナナケーキを作ったよ♪ ~ゆり組~

今日はゆり組さんでバナナケーキを作りました。 バナナをつぶしてケーキの生地と合わせて、最後にマシュマロでかわいくデコレーションしました。 食べるときは柔らかいバナナもつぶすとなると少しかたく感じたみたいで 「バナナって意外にかたいなー」や「ぬるぬるしててつぶしにくい」など苦戦しつつも一生懸命につぶしていました。 ケーキが焼きあがると、「かわいく焼けてる!」「マシュマロが溶けてる!」など大喜びのゆり組さんでした。 作り方を覚えたので「おうちでもつくるんや!」とやる気満々のゆり組さんでした。

デコレーションケーキを作ったよ♪ ~もも組~

今日はもも組さんのリクエストでデコレーションケーキを作りました。 スポンジケーキに生クリームやいちご、みかん、ビスケットをトッピングして楽しみました。 2枚のスポンジケーキを使って、サンドイッチみたいに間に果物や生クリームを挟む子や、 2つのケーキを作る子などそれぞれにかわいいケーキを作ってくれました。 大好きなケーキを作って食べて幸せそうなもも組さんでした。

卒園遠足に行ってきました!

2/27(水)京都府警察平安騎馬隊の体験騎乗に行きました。 厩舎見学では、子ども達の声に反応して首を上下にふってくれるお馬さんを発見!「にんじん食べたい?」「人好き?」と色んな質問をして、馬が首をふるたびに「おぉーーー!!」とみんなで感心しながらお話していました。 いよいよ体験騎乗!騎乗している時は緊張ぎみの表情のお友達も多かったのですが おりてくると「もう一回乗りたい!」「お尻がドンドンなって痛かった!」などと嬉しそうに話していました。お弁当を食べた後は、宝ヶ池公園の大きなすべり台やアスレチックで、あたたかい日差しの中 思いっきり遊びました♪

雪遊びに行ってきたよ!!

2/21(水)ゆり組、もも組さんは 琵琶湖バレイに雪遊びに行ってきました。 待ちに待った雪遊び!とっても寒くて少し吹雪いていましたが 子どもたちは気にする様子もなく元気いっぱい!!一面白銀の世界に大興奮!!そり遊びや 雪だるまつくり、保育士と一緒に雪合戦など みんな雪で真っ白になりながら笑顔いっぱいで 雪遊びを満喫していました。遊び疲れて帰りのバスではみんなぐっすり。。。とっても楽しい一日を過ごしました♪

音楽フェスティバルに参加しました。

2/10、11とロームシアター京都で行われた「幼児音楽フェスティバル」にゆり・もも組が参加しました。 曲は生活発表会でも演奏したピアニカ奏“夢はひそかに‘‘(ゆり組)と合奏‘‘威風堂々‘‘(もも組)です。 楽屋では普段とかわらず元気に友達とお話していましたが、舞台裏へいくと気持ちを切り替え真剣な表情に。 大きな舞台、たくさんのお客さんの前でも堂々と演奏し、真剣な表情で頑張る姿はとっても素敵でした。  

クッキーを作ったよ♪♩ ~もも組~

先週、もも組さんでクッキーを作りました。 白いプレーンの生地と黒いココアの生地を使って、子どもたちがそれぞれ好きな形に作りました。 パンダやゾウ、車、ロケット、雪だるま、ハートなどさまざまな形のクッキーを作りました。 中にはダイオウグソクムシや、目玉焼きなど大人では思いつかないような個性たっぷりのクッキーもありました。 自分たちで作ったクッキーはあっという間に完食して、大満足のもも組さんでした。

まぐろの解体ショーに行ってきました!

2/6端山の丘こども園さんにお邪魔して‘‘お魚触れ合い体験&マグロの解体ショー‘‘に参加しました。会場に着いた時から「魚のにおいがする!!」と蓋をした発泡スチロールの箱の中が気になって仕方がない様子だった子ども達。はじめは 指先でつついて「キャー!!」「ヌメヌメするー!!」と様子をうかがっていました。一人、二人と「持ちたい」と手の平の上にのせて観察するようになると あっという間に皆がたくさんの魚を持ってポーズをとったり、吸盤で吸い付くタコを持ち上げようと友達と協力したりと、楽しそうに触れ合う姿が見られるようになりました。マグロの解体ショーでは「がんばれ!がんばれ!」と魚屋さんを応援。次々とマグロが解体されていくのを「おおーーー!!」という歓声と拍手でみつめていました。とっても楽しかったようで帰りのバスの中では「また行こう!」と目を輝かせて話ていたもも組さんでした。